こんにちは!望月大輔です。

この度、皆様により政治を身近に感じていただくためにブログを立ち上げました。これまで街頭演説やフェイスブックでも近況報告させていただいていましたが、より詳しく活動を知っていただくためにも活用していきたいと思いっていますので、こちらもぜひご覧下さい。

先般、私自身初の甲府市議会6月定例会に臨み、6月23日(火)に閉会しました。本会議や常任委員会の他、定例会前の視察や準備などでもたくさんの議論をしてまいりました。ご協力いただきました皆様には心から感謝申し上げます。

まず、6月17日の一般質問で初登壇をさせていただきました。質問は大きく分けて、1.地方創生について、2.遊亀公園附属動物園の開園100周年について、3.甲府市民マラソンの開催提案について、の質問をさせていただきました。初質問ということでやや緊張気味でしたが、提案型の質問ができたと思います。今後も一方的に言いっ放しにするのではなく、しっかり戦略を立てた提案型の質問をしていきたいと思います。

また、所属している環境水道委員会では、補正予算をはじめ付託された議案について審議しました。審議後、所管の質問をさせていただき、第二次甲府市環境基本計画について、不法投棄監視や持ち去りの監視パトロールの実施状況についてと環境教育についての質問をさせていただきました。不法投棄や持ち去りは、長年の課題で県と連携をしてパトロール強化をしていくとのことでした。環境教育については、子どもたちが関心を持てるようなプログラムを夏休み等を利用して実施しているとのことでした。各学校で様々な趣向を凝らした企画をしている父親の会(おやじの会など)があるので、是非、各学校にもっとアピールしていってもらいたいとの提案をさせていただきました。

今回、初めての定例会を通して、流れやルールなど覚えることも多かったですが、特に一般質問については、もっともっと上手に質問ができたらと思うことがありました。

今年も残り半年となりますが、次回の9月定例議会に向けて、日ごろの勉強を怠らず、まちの声に耳を傾け、全ては甲府の未来のために精一杯活動して参ります。

 

一般質問の内容は、こちらのリンクからPDFをご覧ください。

 

挙手質問